スペインの至宝、今シーズンで現役引退へ

配信日:2015/10/17 10:10 Written by ST
まだ評価がありません
スペインの至宝、今シーズンで現役引退へ
MADRID, SPAIN - MARCH 30: Raul Gonzalez of Real Madrid celebrates after he scored Real's second goal during the La Liga match between Real Madrid and Sevilla at the Santiago Bernabeu stadium on March 30, 2008 in Madrid, Spain. (Photo by Denis Doyle/Getty Images)
北米サッカーリーグのニューヨーク・コスモスは15日、ホームページで、同チームに所属する元スペイン代表FWラウル・ゴンザレスが今季限りで現役を引退すると発表した。

「私は、今シーズン限りでサッカー選手を引退する事を決断した。サッカーは私の人生の一部であるから、この決断をするのは簡単ではなかったが、今がそのタイミングだと思う」と、本人のコメントを掲載した。

クラブ側は、指導者としてクラブに残ることを要請しているが、本人は「今後数ヶ月しっかり自分の次のステップについて考えたい」と態度を保留している。

現在38歳のラウルは、1994年に17歳4か月の若さでレアル・マドリードのトップチームデビューを果たし、以降16年間で550試合に出場、228得点を上げる活躍をみせた。その間、チームを6度のリーグ優勝、3度のCL優勝そして、2度のトヨタカップ優勝に導いた。2010年からは活躍の場をシャルケに移し、2年間、内田とも一緒にプレーした。その後、カタールのアル・サッドを経て、今シーズンからアメリカでプレーしている。

出展元:https://www.youtube.com/watch?...

この記事を書いたライター: ST このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 引退
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング