生まれ変わるリバプール!クロップ流哲学「ゲーゲンプレッシング」とは、どんなものなのか?

配信日:2015/10/19 08:10 Written by ガナーズ
まだ評価がありません
生まれ変わるリバプール!クロップ流哲学「ゲーゲンプレッシング」とは、どんなものなのか?
LIVERPOOL, ENGLAND - OCTOBER 09: Jurgen Klopp is unveiled as the new manager of Liverpool FC during a press conference at Anfield on October 9, 2015 in Liverpool, England. (Photo by Alex Livesey/Getty Images)
 解任されたブレンダン・ロジャース監督の後任としてリバプールの新指揮官に就任したユルゲン・クロップ監督。香川真司が所属するドルトムントを率いた経験を持ち”ゲーゲンプレッシング”というドルトムント流のプレースタイルを確立した。

 いわゆるカウンターに重点を置き、前線からプレスを仕掛けて相手のミスを誘う。相手がボールを持てば近くの選手がプレスを仕掛けにいく。また、相手が前がかりに攻めてきたところを利用して、逆に素早いカウンターでチャンスを作るサッカーがゲーゲンプレッシングだ。ドルトムントを率いていた時代には、低迷していたチームを立て直しブンデスリーガ2連覇を成し遂げている。

 そして今回、リバプールに就任した際にクロップ監督はチームに「フルスロットルで戦うこと」を求めている。とても感情的に、とても速く、とても力強く戦うというものである。おそらく、ドルトムント流のプレースタイルを取り入れたものになると思われる。

 一つ一つの局面で積極的にプレスを仕掛け、攻撃参加・守備参加を全員に求めていくことになるだろう。一人一人がサボることなくフルスロットル=極限まで全力で戦うことになる。果たして、クロップ新監督は、チームに足りなかったものを植え付け、リバプールを上位進出に導くことはできるのだろうか。
この記事を書いたライター: ガナーズ このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 戦術分析  ユルゲン・クロップ
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング