崖っぷちからの生還!ガンバ大阪を勝利に導いたのは、やっぱりこの男だった

配信日:2015/05/07 08:55 Written by ガナーズ
4.0
5月6日に行われたAFCチャンピオンズリーグ最終節で、ガンバ大阪は城南FCを2−1でやぶり、グループリーグ首位通過を決めた。相手に先制される苦しい展開から始まったこの試合ではあったが、ガンバ大阪の諦めない姿勢と、そしてガンバ大阪の若きストライカー・宇佐美貴史の活躍でつかんだ逆転勝利だった。

前半15分、城南FCがパスワークでガンバ大阪の守備陣を翻弄すると、ゴール前にいたファン・フィジョが反転してシュートを放ち、これがゴールに突き刺さり城南FCに先制点が入った。前半は押されていたガンバ大阪だったが後半に入り攻勢を強める。すると後半19分、左サイドから宇佐美貴史がゴール前にクロスを上げると、パトリックが跳び込み同点となるゴールを決めた。パトリックが触ったようにも見えたこのゴールは、宇佐美貴史のゴールという判定がくだった。

そして後半37分、運命の瞬間がやってきた。左からのクロスをヘディングで中央に折り返すと、ゴール前にいたリンスが体で押し込んでガンバ大阪にとって逆転ゴールとなる得点が入った。試合はそのまま終了、ガンバ大阪の勝利で終わり、グループリーグ首位通過を決めたのである。

2連敗からスタートしたガンバ大阪だったが、ここにきて調子を取り戻し負けなしでグループリーグ1位まで上りつめた。まさに崖っぷちからの生還。その全てに関わってきたのがガンバ大阪の宇佐美貴史だ。Jリーグでも得点ランキングトップを走り、チームを支えてきた存在でもある。宇佐美貴史の活躍がどこまで通用するかが、元アジア王者復活のカギとなるかもしれない。

出展元:https://youtu.be/hEeZF1z9ZqA...

この記事を書いたライター: ガナーズ このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング