ブンデスリーグ・第1節注目カード ドルトムント対ボルシアMG

配信日:2015/08/14 19:41 Written by ST
まだ評価がありません
ブンデスリーグ・第1節注目カード ドルトムント対ボルシアMG
DORTMUND, GERMANY - MAY 09: (L-R) Ilkay Guendogan and Shinji Kagawa of Dortmund are seen during the Bundesliga match between Borussia Dortmund and Hertha BSC Bwerlin at Signal Iduna Park on May 9, 2015 in Dortmund, Germany. (Photo by Christof Koepsel/Bongarts/Getty Images)
いよいよ始まるブンデスリーグ。開幕戦から好カードがある中で一番の注目試合は、ドルトムント対メンヘングラードバッハの“ボルシアダービー”だろう。

これまでこのダービーマッチは86回開催され、対戦成績は29勝28分け29敗と全くの五分の成績だが、ドルトムントのホームゲームに限っては最近14試合でわずかに1敗とドルトムントが優位な数字を残している。

昨シーズン3位のメンヘングラードバッハは、ルシアン・ファブレ監督のコンパクトで早いサッカーを知る選手の多くが残留し、チームの完成度はドルトムントを凌ぐだろう。昨年活躍したクリストフ・クラマーの流出は痛手だが、ハノーファーから移籍してきたラース・シュティンデル、レバークーゼンから加入したヨシップ・ドルミッチといった実績のある選手も補強し、今シーズンも上位進出を狙えるチーム力は十分にあるだろう。

一方のドルトムントは、チロ・インモービレがセビリアに移籍をしたものの、ギュンドガンやロイスといった移籍の噂が絶えなかった主力選手が残留を果たした上に、レバークーゼンから経験豊富なゴンサロ・カストロ、1860ミュンヘンから若手のホープであるユリアン・バイグルを獲得するなど選手層が厚くなった。これに加えて今シーズンから指揮を取るトーマス・トゥヘル監督がどのような采配を見せるのかが注目だ。

開幕予想スタメンは以下の通り

ドルトムント 4-2-3-1

GKビュルキ
DFピスチェク・ソクラティス・フンメルス・シュメルツァー
MFバイグル・ギュンドガン・ロイス・カストロ・ムヒタルヤン
FWオーバメヤン


ボルシアMG 4-4-2

GKゾマー
DFヤンチュケ・シュルツ・クリステンセン・ウェント
MFシュティンデル・シャカ・トラオレ・ヘアマン
FWラファエル・ドルミッチ

白熱した試合になることは間違いないこの一戦は、ホームで戦う事の出来るドルトムントが若干優位か。試合は日本時間の15日深夜25時30分にキックオフされる。
この記事を書いたライター: ST このライターの他の記事を見る

■おすすめ記事

■関連付けられたタグ

 ボルシアMG  ドルトムント  ブンデスリーガ
[タグを付ける]

コメント

まだコメントはありません。

新しいコメントを投稿する

 画像選択

サッカーが好きな人はフォロー!
「サッカーちゃんねる」ならではの情報をお届けします。

ぼくらのプロレス

プロレス好き必見!
ファン目線のプロレスサイト!

週間ニュースランキング